Girl 1561943 640

ペットに遺産相続できるのか、どのような手続が必要かを確認してみましょう。

 

 ペットは直接遺産を相続できない

ペットに直接に遺産相続させることはできません。

法律の世界では,人間以外は全部物として扱われます。

民法は「人」が「物とか権利」をやりとりするルールが書いてある法律です。

「物」とか「権利」を持つことができるのは人間だけです。

権利や義務の持ち主になることを「権利義務の主体」といいますが,権利義務の主体になることができるのは人間だけです。

権利義務の主体になれる能力を「権利能力」といい,人間だけが権利能力を持っているのです。

ペットと遺産相続の話もこれと同じことです。

ペットである犬は法律上あくまで物なので,物や権利である遺産を所有することはできません。

よって、ペットは直接に遺産相続ができません。

 

 ペットに相続させる方法

じっさいにペットのお世話を親身にしてくれる信頼できる人を見つけ、この人に財産を相続させる遺言をします。

この遺言は、「最後までペットのお世話をする」という負担付の遺言です。

負担というのは,条件のようなものと考えてください。

ペットのお世話をしなくなったら,遺産を返さないといけません。

じっさいに継続的に,また親身に,お世話をしているかどうかチェックする仕組みも作ります。

そのために,「遺言執行者」という人を指定しておきます。

遺言執行者は,財産をもらった受遺者が,ちゃんとペットのお世話をしているかどうかを定期的にチェックします。

もし頼んでおいた受遺者がちゃんとペットのお世話をしていなかったら,遺言執行者から「ちゃんとやってね」と催告してもらいます。

催告してもダメなら,遺言執行者から裁判所に請求して,遺言を取り消してもらいます。

 

 まとめ

ペットに相続させる仕組みは司法書士に相談します。

大事なのは,大切なペットを,親身になってお世話にしてくれる人を見つけて、信頼できる人を見つけることです。