Meeting 2284501 640

会社設立の手続きを格安で代行する事業者のカラクリについて、確認します。

電子定款

会社を設立するためには、定款を作成する必要があります。

この定款の作成では、紙による定款には4万円分の印紙を貼らなくてはなりません。

しかし、電子定款にすると、定款に印紙を貼る必要はなくなります。

よって、電子定款の場合には、定款作成費用がなくなり、紙による定款作成の場合と比較して4万円の費用が削減されます。

電子定款作成

電子定款を自力で作成するためには、以下のような手続きなどが必要となります。

電子証明書の取得
住民基本台帳カードの取得
IC
カードリーダーの購入
電子署名プラグインソフトの購入

これらの手続きは煩雑で、費用も手間も相当かかり、自分で定款を作成する場合には、4万円の定款印紙代がかかっても、紙による定款を作成した方がお得になります。

代行業者の場合には、電子定款作成のツールは、すでに整備されてるので、依頼を受ければ、簡単に電子定款を作成することができます。

代行業者に電子定款を依頼すれば、代行業者に対する手数料は発生しますが、定款作成費用自体は0円となります。

株式会社の設立の場合には、通常の場合には、登記の登録免許税が15万円、定款印紙代が4万円、定款認証料が5万円で、24万円の費用がかかります。

電子定款にした場合、定款印紙代が不要となり、設立費用は20万円となります。

その他の会社の場合には、通常の設立費用は登記の登録免許税が6万円、定款印紙代が4万円の合計10万円となります。

電子定款にした場合には、定款印紙代が不要となり、設立の手数料は登録免許税の6万円のみとなります。

まとめ

会社設立の格安代行業者が格安な理由は電子定款にあります。

電子定款で認証するだけで、4万円安く会社設立できるので、検討してもよいでしょう。