Computer 767776 640

国際化の進展で、海外の企業と取引をすることが非常に多くなっています。

そのため、英文会計を理解できる税理士が活躍する機会も多くなっています。

そこで、以下では、英文会計ができる税理士は何ができるかということと、英文会計ができる税理士に依頼するメリットについて解説します。

英文会計ができる税理士は何ができるか

英文会計ができる税理士は、英語で作成された財務諸表を読みこなすことができます。

日本企業が外国会社と取引をする場合、その外国会社の財務諸表を見て、その会社の経営状況を判断する必要があります。

その際、顧問税理士が英文会計に精通していれば、英語で書かれた財務諸表を見て、すぐに、取引相手の経営状態を把握することができます。

現在、英語は世界の共通言語となっていますから、英文会計ができれば、世界中のほとんどの企業と安全に取引を行うことができるでしょう。

英文会計の分かる税理士を顧問とするメリットについて

企業が国際的な取引を行う場合、世界の共通言語である英語に精通している税理士を顧問に持った方がよいことは明白です。

英語(英文会計)を理解している税理士であれば、取引先である外国企業と円滑なコミュニケーションが可能になることは、言うまでもありません。

英語に精通していない税理士を顧問とし、なおかつ、海外企業と取引をするとすれば、通訳を雇って、英文会計を日本語会計に訳した上、税理士にみてもらわなくてはなりません。

英文会計が分かる税理士を顧問とすれば、少なくとも、会計の仕事に関しては、通訳を雇う必要はなく、その分、経費の節約になります。

海外進出をする場合、顧問税理士は英文会計の精通者がよい

取引先が日本国内の一定地域に限定されている地方の中小零細企業等の顧問税理士であれば、英文会計など理解している必要は全くありません。

しかし、海外と取引のある大手企業や、中小企業でも積極的に海外展開を検討している事業所であれば、最初から、英文会計の分かる税理士と顧問契約を結んだ方がよいでしょう。

例えば、日本企業が海外に現地法人を設立して、日本国内と海外の双方で営業するような場合には、英文会計が分かる税理士がいると、会計業務が非常に効率的に行えます。

グローバル経済の進展した現在、ある意味で、英文会計を理解できることは、税理士や公認会計士が成功するための必須条件の1つとなっているとも言えます。

海外進出を検討している事業主の方は、できれば、これからは、英文会計に精通している税理士と顧問契約を結ぶとよいでしょう。