Questionnaire 2834264 640

会社を設立すると、会計事務所と付き合うことが多くなります。

会計事務所には、主に税務に関する業務を依頼することが多くなりますが、会計事務所から経営に関するアドバイスを受けることもあります。

そこで、以下では、会計事務所からの経営に関する助言と経営コンサルティングからの助言の違い、及び、その双方の活用方法について解説します。

会計業務と経営コンサルティングは密接につながっている

会計事務所は、税務と会計に関する業務をメインとしていますが、会計業務と経営コンサルティングは、密接につながっています。

経営コンサルティングの初めの一歩は、企業の経営状態をよく把握することです。

会計事務所は、税務申告のために会計帳簿を作成しますが、企業の経営状態を把握するためには、まず、会計帳簿から、各種の会計データを確認する必要があります。

この点、会計事務所は、自分が会計帳簿を作成しますから、誰よりも確実に、経営コンサルティングに必要な会計データを確認し、企業の経営状態を把握できると言えます。

会計事務所が、会計業務の他、経営コンサルティングも行うとすれば、その会計事務所は、自分が把握した会計情報をコンサルティングに利用できるので、都合がよいと言えます。

経営コンサルティングの問題について

経営コンサルティングを単独に行う者(中小企業診断士等)は、会計に関する知識を一通り持っていますが、会計事務所(税理士等)と比較して、その知識は深くありません。

経営コンサルティングだけのためであれば、税理士のように会計を深く学ぶ必要はない、最小限の知識さえあればよいという考えもあります。

しかし、税理士は、会計に関する深い知識があると間違いなく言えますが、単なる経営コンサルティングというだけでは、会計に関する正確な知識を持っている保証はありません。

中には、クライアントの無知をいいことに、いい加減なアドバイスを平気で行う者もいるでしょう。

全体的に言って、経営コンサルティングのアドバイスは、正確な会計情報に基づいてなされているかという点においては、会計事務所の経営コンサルティングに劣ります。

会計事務所に経営コンサルティングをお願いしたほうがよいのか

会計事務所は、会計に詳しいから、経営コンサルティングは、会計事務所にお願いするのがよいかというと、こちらも、必ずしも真ではありません。

会計事務所の中にも、経営コンサルティングに力を入れているところと、そうでないところがあります。

経営コンサルティングに力を入れていて、経営の勉強もよくしている会計事務所ならば、安心して経営に関するアドバイスを受けてもよいでしょう。

しかし、そうでない会計事務所であれば、経営コンサルティングは、別の専門家に依頼した方がよいでしょう。

「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、税金や会計のことには非常に詳しくても、それ以外のことは全く分からないし、興味もないという会計事務所もあります。

結局、会計事務所に経営コンサルティングをお願いするかどうかということは、会計事務所の担当者の力量次第、ということになります。

会計事務所と経営コンサルタントの使い分け

経営の問題を会計事務所に相談したほうがよいのかどうか、という点に関しては、ケースバイケースということになります。

経営にも詳しい会計事務所であれば、新しく経営コンサルティングを雇うよりも、会計事務所で経営相談も行ったほうがよいでしょう。

経営にあまり興味のない会計事務所であれば、会計や税務はその会計事務所にお願いして、経営に関する相談は、別の経営コンサルタントにお願いしたほうがよいでしょう。

なお、業界特有の経営に関する相談がある場合には、会計事務所ではなく、最初から、その業界の専門知識を有する経営コンサルタントに依頼したほうがよいケースもあります。