Pound 414418 640

ベンチャー・キャピタルは、ハイリスク・ハイリターンを狙った投資ファンドのことなので、政府系の団体とは縁のないようにも思えますが、日本には、政府系のベンチャー・キャピタルが存在します。

それが、中小企業投資株式会社ですが、以下では、この会社について解説します。

 

中小企業投資育成株式会社とは

中小企業投資育成株式会社は、日本の政府系ベンチャー・キャピタルです。

ちなみに、ベンチャー・キャピタルとは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)のことです。

中小企業投資育成会社とは、政府の特殊法である中小企業投資育成法により設立される会社のことを言います。

1968年に、この法律によって、東京中小企業投資育成、大坂中小企業投資育成、名古屋中小企業投資育成の3社が設立されました。

政府系以外で設立された最古のベンチャー・キャピタルは、1972年に設立された京都エンタープライズディブロップメントです。

よって、1968年に設立された3つの中小企業投資育成会社は、日本最古のベンチャー・キャピタルということになります。

 

中小企業投資育成会社の特色について

中小企業投資育成会社の特徴は、長期保有が原則で、社名にあるように、投資先の企業の育成に重点が置かれている点です。

民間のベンチャー・キャピタルは、投資先の企業が上場すると、保有株式をすべて売却して、資金の回収を図る傾向があります。

一方、中小企業投資育成会社の場合には、投資先の企業が上場しても、株式を保有し続け、株式の売却益よりも、長期にわたる安定した配当を選ぶ傾向があります。

その結果、民間のベンチャ―・キャピタルが投資先企業の早期上場を期待することが多いのに対して、中小企業投資育成会社は、投資先企業の上場にはそれほどこだわりません。

民間のベンチャー・キャピタルと比較して、ITやバイオといった成長産業だけでなく、製造業・卸売業・小売業といった成熟産業への投資が多いことも上げられます。

中小企業投資育成会社は、急成長が見込めない地方への投資も、多くの投資を実施しています。

 

中小企業投資育成会社の実績について

中小企業投資育成会社3社の2013年3月末までの実績は、投資先企業の件数が1,996件、投資額が1,049億円です。

投資先企業のうち、80社以上が株式公開・上場を果たしています。

その中には、タカラトミー、キングジム、竹内製作所、日本風力開発など、有名企業も数多く含まれています。