Desk 2037545 640

事業を経営する方であれば、事業資金に関する問題は頭の痛い問題です。

いかにして事業資金を効率的に確実に確保するかは、事業が成功するかどうかを決める重要な要因の1つです。

そこで、以下では、事業融資を行っている機関について解説します。

地元の銀行による事業融資について

事業融資を行っている機関として真っ先に思い浮かべるのは、地元の銀行だと思います。

大企業であれば、自社の株式を発行して事業資金を集めることができますが、中小零細企業では、株式を発行しても買ってくれる人がいないので、株式による資金調達は困難です。

そのため、中小零細企業の資金調達は、地元の銀行から融資を受ける方法によることが多くなります。

この銀行融資ですが、融資される資金の使途が設備投資に限られる点や、実績のない起業直後の事業者が融資を受けることが非常に難しい点などの特徴があります。

日本政策金融公庫の事業融資について

日本政策金融公庫は100%政府出資の政策金融機関です。

日本政策金融公庫の事業融資は、一般の銀行から融資を受けることが難しい起業直後の事業者向けの融資プランを、複数用意しています。

よって、起業直後の事業者が事業資金を必要とする場合には、この日本政策金融公庫の新創業者向けの融資を活用すると便利です。

この他、生活衛生貸付や、食品貸付、小規模事業者経営改善資金等、一定の要件を満たす事業者に対して、低利で貸し付けを行う融資制度を多数用意しています。

金利は多少高くなりますが、無保証・無担保で借りられる融資も多数あるので、不動産などの担保として利用できる財産を持たない事業者の方でも安心して借りられます。

ノンバンクの事業融資について

ノンバンクとは、預金業務を行わず、銀行等から融資を受けた資金をもとに与信業務を行う機関のことを言います。

審査の基準が低く、スピーディーな融資が可能なので、大至急資金が必要な場合や、銀行等から融資を断られた場合等に利用すると便利です。

ただし、ノンバンクの金利は、他の金融機関と比較して高めなので、借入期間が短い運転資金として融資を受けるのに適しています。

例えば、売掛金の回収期日前に、仕入代金の支払期日が来たような場合には、一時的に、資金不足が発生します。

短期間での返済が見込めるような場合には、金利が高くても大丈夫ですので、このような資金需要に対しては、審査が簡単でスピーディーなノンバンク融資が向いています。