Architecture 1359707 640

会社を設立しようとする場合、いったいどのくらいの費用が必要でしょうか?

そこで、以下では、会社を設立する場合に必要となる費用はどれくらいかということを、解説します。

会社の設立登記に係る費用について

会社を設立する場合に必ず発生する経費が、会社の設立登記に係る費用です。

会社は、その本店の所在地で設立の登記をすることによって成立します。

言い換えると、会社の設立の手続きは、事務所を建設することでもなく、従業員を雇うことでもなく、設立登記の手続きそのもののことを言います。

会社法上の会社には、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4種類の会社があります。

このうち、株式会社の設立登記に係る費用と、株式会社以外の3つの種類の会社の設立登記に係る費用は、異なります。

株式会社の設立登記に係る費用について

株式会社の設立登記に係る費用は、だいたい25万円から30万円程度といわれています。

その内訳は、以下のようになります。
・公証人による定款認証代 5万円
・定款印紙代       4万円
・設立登記の登録免許税  資本金額×0.7%、最低15万円
・そのほか諸経費

株式会社を設立する場合、登録免許税と定款認証代は必ず必要です。

定款を電子定款とする場合は定款印紙代は不要ですが、まだまだ紙ベースの定款が一般的なので、紙で定款を作成するとすれば、定款印紙代が必要になります。

よって、最低でも、24万円は必ず必要になります。

この他、会社の法人印の購入代金、定款のコピー代、登記申請書や各種証明書類の作成代金などの諸経費を考慮すれば、やはり、25万円~30万円程度のお金が必要になります。

株式会社以外の会社を設立する場合の費用について

株式会社以外の会社の設立登記に係る費用は、だいたい10万円+諸経費といわれています。

その内訳は、以下のようになります。
・定款印紙代        4万円
・設立登記の登録免許税  資本金(出資金)額×0.7%、最低6万円
・そのほか諸経費

株式会社以外の設立登記には、公証人の認証を受けた定款を添付する必要がありませんので、公証人による定款の認証代5万円が不要になります。

また、設立登記の登録免許税の最低額も6万円と、株式会社と比較して低額なので、株式会社以外の会社の設立登記に必要な費用は、最低で10万円となります。

この他、会社の法人印の購入代金、コピー費、登記申請書や各種証明書の作成費用などの諸経費がかかります。

株式会社以外の会社の設立登記に係る諸経費を2万円~3万円と見積もれば、株式会社以外の会社の設立登記に係る費用は12万円~13万円ということになります。

登記費用の他にも、初期費用や運転費用が必要

会社を設立するということは、会社の設立登記をすることに他なりませんが、実際には、登記をしただけでは、その会社はペーパー会社となります。

実際に会社を設立する場合には、設立登記の費用の他に、初期費用+1か月~3か月分の運転資金が必要だと言われています。

その金額は、業種にもよりますが、おおよそ100万円~300万円程度といわれています。