Manor House 2359884 640

不動産を活用した事業資金の調達方法としては、不動産を担保として金融機関から融資を受ける方法が一般的です。

不動産担保ローンも、そのうちの1つですが、以下では、この不動産担保ローンの概要や、そのメリット・デメリットについて解説します。

不動産担保ローンとは何か

不動産担保ローンとは、不動産を担保に設定して、金融機関から融資(ローンを組むこと)を受けることをいいます。

事業資金用として法人向けに不動産担保ローンを提供しているのは、事業融資専門会社、不動産担保ローン専門会社です。

銀行や消費者金融は、主に個人向けに不動産担保ローンを提供しています。

銀行では、日常的に、法人に対して、不動産に抵当権を設定した事業資金を貸し付けています。

その内容は、不動産担保ローンとほとんど同じなので、銀行では、全く商品を2つ作る必要はないので、法人向けの不動産担保ローンは行いません。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンのメリットは、使途が限定されていないことです。

抵当権を設定して、銀行から事業資金の融資を受ける場合には、借り入れたお金は、使い道が限定されています。

例えば、設備投資資金として融資を受けた場合には、設備投資にしか使えませんし、運転資金として融資を受けたのであれば、運転資金にしか使えません。

一方、不動産担保ローンで借り入れた資金は、社長さんのプライベート資金には使えませんが、法人の事業に関連する支出であれば、どんな目的でも使うことができます。

また、抵当権を設定した銀行融資などと比較して、不動産担保ローンは審査が通りやすいというメリットもあります。

銀行の融資の審査を通らなかった場合でも、法人向け事業会社等の不動産担保ローンの審査は通るということがあります。

事業の経営成績が良くないと、銀行の融資は受けにくくなるのですが、そういった場合でも、不動産担保ローンの方は利用できるケースがあります。

不動産担保融資のデメリット

不動産担保融資のデメリットは、まず、取引可能な不動産を持っていなければ融資を受けられないことです。

融資を受けた者が借金の返済ができない場合、融資をした側が、担保に取っている不動産を売却してその売買代金の全部又は一部を、借金に充当します。

その際、離島にある土地など、取引不可能な土地であれば、資金を貸し付けた者が、土地を売って売買代金を得ることができませんので、そういった土地は担保にはできません。

取引できない土地を担保に提供しても、融資会社では、ローンを組んでくれることはないので、不動産担保ローンを受けるには取引可能な土地を保有している必要があります。

その他、不動産担保融資のデメリットとして、即日融資ができないこと、事務手続きが複雑、返済できない場合には不動産を失う、などといったことがあります。