Office 1828123 640

起業前、又は起業直後の事業者にとって、税理士は非常に頼りになる存在です。

起業前や起業直後は、様々な難しい問題に直面します。

その際、専門家である税理士のアドバイスを受けることができれば、これほど心強いことはないでしょう。

そこで、以下では、起業時の税理士の活用方法につて解説します。

事業計画書について税理士に相談する

きちんとした事業計画書を作成できるかどうかは、企業が成功するかどうかの鍵を握ります。

よい事業計画書があれば、起業後の活動がスムーズに進行するだけでなく、外部の者にも信用されやすくなるので、資金集めも行い安くなります。

この事業計画書について、税理士に相談することができます。

税理士は、税金に関する専門知識を持っているうえに、多くの会社の経営に携わり経験が豊富なので、起業した事業の事業計画書について、よいアドバイスをしてくれるはずです。

起業に係る費用について税理士に相談する

起業当初は、資本金(元入金)をいくらにするかだとか、運転資金はどれくらい必要かだとか、設備投資はどれくらいがよいかなど、費用に関する悩みが尽きません。

税理士は会計の専門家でもあるので、そういった費用に関する問題についても明るく、起業時の費用に関する相談も行うことができます。

創業時の費用の問題について、専門家である税理士のアドバイスを受けることができれば、非常に助かります。

創業時の融資先について税理士に相談する

起業直後の会社には、銀行が容易に融資をしたがらない傾向があるので、融資先を探すのに苦労します。

その際、税理士が心強い味方となってくれます。

税理士には、銀行に顔の利くものや金融業に精通しているものがたくさんいます。

そのような税理士に相談した場合、起業時でもよい融資先を紹介してくれるかもしれません。

また、融資を受ける際には、よい事業計画書を作成することが非常に重要です。

さらに、事業経営の状態に即した、適切な返済期間と利子率を設定する必要があります。

税理士に相談すると、事業契約書の作成や融資条件に関して、よいアドバイスをしてくれます。

補助金・助成金について税理士に相談する

起業直後の資金不足の時期に、原則として、返済不要の資金である補助金や助成金を活用できれば、非常に助かります。

ただし、補助金や助成金を受給するためには、申請書の作成や受給要件の審査があるので、専門家の力を借りないで事業主自身が行うには、少々難があります。

税理士に相談すれば、起業直後に会社が利用できる補助金や助成金に関して、よいアドバイスを受けることができます。