Laptop 2443747 640

IT分野など、時代の最先端を行く分野では、ベンチャー企業が非常に重要な役割を果たしています。

このベンチャー企業が活躍していくうえで、なくてはならない存在が、リードインベスターです。

そこで、以下では、このリードインベスターとはどんなものかということについて、解説します。

リードインベスターとは

リードインベスターとは、ベンチャー企業などに出資するとともに、その企業が対外的な信用を獲得するために必要な指導していく投資家のことをいいます。

ベンチャー企業等にただ出資するだけであれば、ただの投資家(インベスター)ですが、投資先の起業を指導するので、リードがついてリードインベスターとなります。

リードインベスターの役割について

起業したばかりのベンチャー企業には資金も信用もないのが普通です。

しかし、有名や個人投資家や投資会社が投資を行うと、急にそのベンチャー企業の信用が上がることがあります。

あの有名な○○投資会社が投資先として選ぶのだから、このベンチャー企業は成功間違いない、などというように市場から判断されるようになります。

何社ものベンチャー企業を成功させる投資家は、ただお金を出すだけではありません。

出資と引き換えに、投資先であるべンチャー企業に厳しい注文を付けます。

ベンチャー企業は、厳しい投資家の注文に応えることによって、業績を上げ、市場の信頼を獲得していくことになります。

リードインベスターの具体例

仮想通貨であるビットコインは、IT技術を最大限に活用した新しい金融サービスの中核となる技術ですが、このビットコインは多くのベンチャー企業によって維持されています。

その内の1つが、ビットコインの両替業務を行うビットフライヤーです。

このビットフライヤーには、三菱UFJキャピタル株式会社や三井住友海上キャピタル株式会社など、有名な投資会社が出資を行っています。

一般の方が、ビットフライヤーという会社名を聞いても、ピンとこないと思います。

それどころか、よく分からない怪しい会社だと思うのが普通だと思います。

しかし、三菱UFJキャピタル株式会社や三井住友海上キャピタル株式会社など、大手銀行等が設立した投資会社が出資しているとなれば、その会社の信用度は急に上がります。

このケースでは、三菱UFJキャピタルや三井住友海上キャピタルがリードインベスターとなるわけですが、その役割がよく分かると思います。