Calculator 385506 640

会計業務をインターネット上で行うクラウド会計は、新しい会計業務の手法として最近注目されています。

では、実際に会計業務の外部委託を行う場合に、委託先として、クラウド会計を導入している事務所を選ぶべきか否かについて、以下で解説します。

クラウド会計とは

従来の会計業務は、会計ソフトをパソコンにインストールして会計データを作成し、その会計データもパソコン内のハードディスクに保存するというものでした。

一方、クラウド会計の場合には、インターネットのサーバーを利用して会計データを活用し、作成したデータもインターネット上に保存します。

つまり、クラウド会計は、従来はパソコン上で行っていた会計業務を、すべて、インターネット上で行うという会計業務の形態のことをいいます。

クラウド会計の特徴

クラウド会計を利用すると、会計データをインターネット上で保存できますから、パソコン、スマホ、タブレット等から、常時、会計データにアクセスすることが可能になります。

また、銀行口座の取引データやクレジットカードの利用データを、会計データに容易に取り込めるようになるので、データ入力の手間が大幅に省けます。

さらに、他の会計関連アプリとの連携が非常に容易となるため、次々に新しい機能を付け加えて発展させていくことが可能となります。

クラウド会計は間違いなく最先端の会計の手法

クラウド会計は、現在のところ、サポート体制の脆弱性だとか、セキュリティ問題だとか、若干のデメリットがあることは間違いがありません。

しかし、会計業務の手法としては、最先端を行くものであることは間違いがありません。

銀行の口座データをそのまま仕訳に取り込んだり、取引先で撮影した領収書の画像データをそのまま会計データとして活用できるのは、クラウド会計の大きな特徴です。

クラウド会計を利用すれば、会社の会計業務を大幅に効率化できることはほぼ間違いないでしょう。

クラウド会計を採用している会計事務所に依頼した方がよい

会計業務の外部委託を考える場合、料金にもよりますが、できれば、クラウド会計を採用している会計事務所に業務を依頼したいものです。

クラウド会計は、今後、ますます発展し、より便利に、より多機能になっていくことは間違いがありません。

クラウド会計を採用している会計事務所に会計業務の外部委託を行えば、クラウド会計の進歩の恩恵を受けることが可能になります。

会計の専門家でなければ、クラウド会計にそうこだわる必要はないと考えられます。

しかし、会計の専門家である会計事務所の場合、クラウド会計を導入していないと、少し時代遅れの事務所ではないかなという感覚を免れません。