Notebook 1361981 640

起業をすると、会計事務所と顧問契約を結ぶ機会が増えます。

その際、業界専門の会計事務所と契約したほうがよいのか、それとも、専門外でも会社の近くの会計事務所と契約したほうがよいかは、迷うところです。

そこで、以下では、起業の際に専門の会計事務所を選ぶ必要性について解説します。

規模の大きな会社は、業界専門の会計事務所を選ぶべき

規模の大きな会社の場合、その会社が所属する業界を専門としている会計事務所や税理士事務所を選んだ方がよいことは間違いがありません。

その業界独自の税法上の特例や仕訳方法を知っているかいないかで、法人税の納税額が大きく変わってくる可能性があることは言うまでもありません。

業界専門の会計事務所や税理士であれば、そのような業界独自の特例や仕訳方法等を専門に勉強しているはずですから、安心して業務を依頼できます。

経営相談も依頼するなら、業界専門の会計事務所を選ぶべき

会計帳簿や申告書の作成業務のみを行う会計士事務所や税理士もありますが、作成した会計データをベースに、経営相談も行う会計事務所等もあります。

会計事務所等に経営相談も依頼するのであれば、業界専門の会計事務所等を選ぶことの重要性はますます高まります。

記帳や申告書の作成であれば、どの会計事務所等が担当してもそれほど大きな違いはありません。

しかし、経営相談となると、会社が属する業界に精通している会計事務所等とそうでない会計事務所等では、大きな違いが出てきます。

小規模な会社だと、業界専門かどうかは大きな問題にならない

会社といっても、実態は個人事業主とあまり変わらないような会社であれば、業界専門の会計事務所や税理士を選ぶ必要はそれほど高くありません。

専門の会計事務所等を選んだ方がよいことは間違いはないのですが、小規模の会社の場合、大規模会社とは異なり、専門と専門外の違いはそれほど大きなものにはなりません。

小規模な会社の場合、業界専門かどうかよりも、会社の近くに事務所があるかどうかだとか、担当者とウマが合うかどうかだとか、そういったことのほうがより重要となります。

起業直後の場合、業界専門の会計事務所を探す必要性は低い

会社を設立したばかりの方であれば、会社の規模もそれほど大きくないと考えられますから、業界専門の会計事務所を探すことにそれほど熱心になる必要はないでしょう。

もちろん、業界専門の会計事務所と顧問契約を結べればそれに越したことはありませんが、会社の近隣に会社が所属する業界を専門としている会計事務所が存在するとは限りません。

結局は、専門外でも、会社の近くに事務所があり、人柄がよく、リーズナブルな料金を提示する会計事務所と契約することが多くなると思われます。

業界専門の会計事務所と契約する必要性が高まる大規模な企業は、すでに顧問の会計事務所を持っているのが普通なので、あらためてそういった事務所を探す必要はありません。