Money 1015277 640

新しく会社を設立した方や、事業形態を個人事業主から会社に変更された方の多くは、税理士と契約することになるでしょう。

そこで、以下では、税理士と契約する場合には、一体どのくらいの費用がかかるのかについて解説します。

税理士費用の大部分は顧問料

税理士と契約する場合の費用の大半は、税理士顧問料です。

税理士の中にも、1時間4,000円とか5,000円とかの相談料を取る方もいらっしゃいます。

しかし、これから顧問契約をしようと思って税理士と相談されている方から相談料を取る税理士はほとんどいないでしょう。

従って、税理士と契約する場合にかかる費用は、税理士と顧問契約をした場合に毎月発生する顧問料だと思ってまず間違いはありません。

税理士の顧問料はどのくらいの水準か

弁護士ドットコム株式会社が運営するWebサイト税理士ドットコムによると、税理士の月額顧問料の相場は以下のとおりです。

(1)年間売上規模1,000万円未満の場合
毎月訪問     25,000円~
3か月に1回訪問 20,000円~
6ヵ月に1回訪問 15,000円~
記帳代行も依頼する場合は1月当たり+5,000円

(2)年間売上規模1,000万円以上3,000万円未満の場合
毎月訪問     30,000円~
3か月に1回訪問 25,000円~
6ヵ月に1回訪問 20,000円~
記帳代行も依頼する場合は1月当たり+5,000円

(3)年間売上規模3,000万円以上5,000万円未満の場合
毎月訪問     35,000円~
3か月に1回訪問 30,000円~
6ヵ月に1回訪問 25,000円~
記帳代行も依頼する場合は1月当たり+5,000円

(4)年間売上規模5,000万円以上1億円未満の場合
毎月訪問     40,000円~
3か月に1回訪問 35,000円~
6ヵ月に1回訪問 20,000円~
記帳代行も依頼する場合は1月当たり+10,000円

決算料については、いずれの規模の事業所でも、月額顧問料の4カ月分から6カ月分程度となります。

例えば、年間売上額が3,000万円の会社が、税理士に、3か月に1回の訪問と、記帳代行及び決算を依頼した場合の年間顧問料は、540,000円~600,000万円となります。

税理士報酬を安くするコツについて

税理士にかかる費用を安くするコツは、複数の税理士に見積もりを依頼し、事業者が要求するサービスを提供できる税理士の内、最安値の顧問料を提示した者と契約することです。

Web上の税理士紹介サイト等を活用すれば、比較的簡単に複数の税理士の顧問料の見積もりを取ることができます。

また、上記の顧問料の相場表のとおり、税理士が事業所を訪問する回数を出来るだけ少なくすれば、月額顧問料を下げることができます。

日々の記帳をできるだけ社内で行うようにすることも、税理士顧問料の引き下げに役立ちます。