Sand 138879 640

手形貸付は、手形を振り出してその手形を貸し手に差し入れて、資金を借りる形態の融資方法です。

手形貸付は、比較的簡単に融資が受けら融資方法の1つとして認識されています。

そこで、以下では、この手形貸付について解説します。

手形貸付とは

銀行などの金融機関から資金を借り入れる場合、借り手が金融機関に対して借用証書を差し入れて資金の借入れを行う証書貸付が一般的です。

しかし、手形貸付とは、金融機関から資金を借りる際に、借り手が、金融機関に対して、証書ではなく約束手形を差し入れて、資金の借入れを行うのが手形貸付です。

手形貸付の場合、銀行に預けるのは、既に発行している既存の手形ではありません。

手形貸付の場合には、その為に、新たに手形を振り出します。

手形貸し付けのために振り出す手形は、借主から銀行宛に、「返済期日までに金〇〇円を支払います」という内容の約束手形となります。

この手形の融資額は、手形の額面金額から利息分を引いただけの金額となります。

利息分がどの程度になるかということは、貸し手である銀行と、借り手である手形振出人との協議によって定めます。

手形貸付の特徴について

手形貸し付けは、手形を担保にした融資で、信用取引に分類されるため、ある程度信用のある法人がよく利用する制度です。

手形貸付を利用した場合で、返済期日までに借金の返済ができない場合には、法人の信用が一気に落ち込むため、手形貸付の借り手は支払期日を厳守する傾向があります。

貸し手である金融機関も、手形が信用できるという条件の下ですが、手形貸付けを返済がほぼ確実に期待できる債権と認識します。

手形貸付のメリットについて

手形貸付は、金融機関にとっては、貸付時に金利分を控除して貸付金を借り手に支払うため、金利収入が即時に獲得できるというメリットもあります。

また、万が一、借り手が借金の返済をしなくなった場合には、手形訴訟という通常の裁判よりも簡単な方法で、裁判にかけることができるというメリットともあります。

手形貸付のデメリットについて

手形貸付のデメリットの1つ目は、信用取引の一種なので、ある程度の信用のある法人しか、原則として、利用できないことがあげられます。

振り出す手形の信用が低い中小企業の場合、簡単には、この手形貸付けを利用することはできません。

その2つ目には、設備投資資金のためにこの手形貸付を利用する場合には、金融機関から、その設備投資計画の内容について、厳しい審査が入ることがあげられます。