Checklist 1266989 640 (1)

商業において、売買代金や仕入代金の決済手段の1つとして、約束手形がよく利用されています。

そして、この約束手形を受け取った事業者は、手形割引をよく行います。

そこで、以下では、この手形割引について解説します。

手形とは

手形とは、ある資格や権利を証明する証書のことを言います。

手形割引における手形(約束手形)も、手形の一種ですが、これは、将来のある時点で一定金額のお支払いを約束した文書のことをいいます。

例えば「今からX月後の○月○日に□□円を支払います」といったような約束を正式に文書にしたものが、約束手形となります。

約束手形は、主に、支払いを引き延ばす手段として利用されます。

手形の仕組みについて

例えば、A商店が、100万円分の商品をB商店から仕入れたとします。

A商店では、手元に現金がなかったために、B商店に対して、「3か月後の○月○日に100万円を支払う」という手形を渡しました。

手形を相手方に渡す行為を「振り出す」といいます。

通常は、B商店は、商品の納入から3か月後の○月○日に手形が指定している銀行の窓口にその手形を提示します。

すると、銀行窓口では、B商店に対して100万円が支払われ、同時に、A商店の当座預金口座から100万円が引き落とされます。

ちなみに、手形の決済ができる銀行口座のことを当座預金口座といいます。

手形割引とは

手形割引とは、手形割引料を支払う代わりに、本来の支払期日前に、銀行から手形の決済を受けることを言います。

例えば、上記の例では、約束手形を受け取ったB商店が、手形を受け取った日に銀行に出向いて、額面100万の手形を銀行に渡して、現金で95万円を受け取ったとします。

この場合、差額の5万円が手形割引料となり、支払期日の3か月前に銀行が現金を支払ったことに対する利息として、銀行の収入となります。

B商店は、5万円の手形割引料を支払い必要はありますが、支払期日までの3か月間を待つ必要はなく、直ちに、販売した商品代金の決済を行い、現金を手に入れることができます。

この手形割引は、商業における決済方法の1つとして幅広く利用されています。

手形の支払期日について

手形の支払期日は、最大でも120日(4か月)とされます。

支払期日が長期間となると、その間に手形の振出人が倒産したり、経営状態が悪化して支払期日に手形の決済ができなくなる可能性が高まります。

支払期日までが210日後のものを台風手形、同じく10か月後のものをお産手形といい、長すぎて、業者間の間では敬遠されています。