Hand 1218086 640 (1)

証書貸付とは、借入の際に借用書(金銭消費貸付契約証書)を金融機関に差し入れて行う融資の方法です。

この証書貸付は、企業の設備投資資金の融資の際によく利用されます。

そこで、以下では、この証書貸付について解説します。

証書貸付とは

証書貸付とは、金融機関が融資を行うにあたって、借用証書(金銭消費貸付契約証書)を差し入れさせて行う貸付けのことをいいます。

この借用証書には、借主からの貸付金額、弁済期日、利率、担保物件などの貸付条件を記載しています。

証書貸付は、設備資金や長期運転資金等の長期(貸付期間1年超)の貸付によく利用されます。

証書貸付の特徴

証書貸付は、貸し手の金融機関にとっては、長期貸付けによって、長期間に渡り利息収入を確保できるので、好まれる傾向があります。

ただし、金融機関に好まれるのは大企業など経営の安定した借り手に対する長期貸付のみです。

中小企業に対する長期貸し付けの場合、貸付期間に借り手が倒産して、融資した資金が回収できなくなるリスクも高く、金融機関はそれを渋る傾向があります。

中小企業が証書貸し付けを申し込んだ場合、信用保証協会等の公的保証が必要であるケースが多く、それがない場合には、融資を断られることもあります。

なお、中小企業でも、経営が健全で、長期にわたって返済が滞る可能性が低いことを審査でアピールできれば、比較的簡単に、金融機関から証書貸付を受けることができます。

証書貸付のメリットについて

証書貸付のメリットは、長期にわたる融資を受けることが可能なことです。

証書貸付は、最低でも1年超、通常は数年間にわたる返済期間を設けます。

長期にわたる返済計画を立てることが可能で、借り受けた資金を機械や工場の設置・建設資金等に回すことができます。

返済期間が長期にわたるということは、その分、毎月の返済額が低額になるということを意味し、借金の返済に係る負担を軽減することができます。

証書貸付のデメリットについて

証書貸付のデメリットとしては、貸付に手間がかかる点です。

証書貸付の場合、貸付に際して、連帯保証人が必要になるケースがほとんどです。

連帯保証人が見つからない場合には、融資を受けられない可能性があります。

短期融資に比べて、貸し手の金融機関もリスクも大きくなりますので、融資審査も厳しくなります。

特に、借り手が中小企業の場合には、金融機関が融資に消極的になるケースが多くなります。

その場合には、信用ある保証人を付けるとか、経営の健全性をアピールするなど、工夫が必要になります。