Torrent 87 640

日本政策金融公庫の融資は、実績のない新規開業者に対する融資でも柔軟に対応してくれるので、起業をされた方にとっては非常に心強い機関です。

そこで、以下では、この日本政策金融公庫を利用する際の流れについて解説します。

事前相談について

公庫の融資を申し込む際には、事前に融資にについて相談するのが普通です。

公庫では事業資金相談ダイヤルを設定していますので、融資の事前相談は、そちらの方に電話をすることで行います。

窓口に直接出向いて相談することも可能ですが、その場合には、事業計画書を持参していくと、相談がスムーズに行えます。

公庫融資の申込書について

事前相談後、実際に融資を申し込むことが決まったら、借入申込書を公庫の窓口に提出します。

そして、その借入申込書には、以下の書面を添付します。

・事業計画書
・設備資金を申し込む場合の見積書
・履歴事項全部証明書又は登記事項証明書
・担保を提供する場合には、不動産の登記事項証明書
・生活衛生関係事業(飲食店、理容業、美容業、クリーニング業)を営む方は都道府県知事の「推薦書」又は生活衛生協同組合の「振興事業に係る資金証明書」

なお、生活衛生関係事業を営む方が借入申込書に添付する「推薦状」又は「振興事業に係る資金証明書」は、借入申込書と同時ではなく、その申込後に、提出します。

借入申込書の提出先は、法人創業の場合には、本店所在地の公庫の営業所、個人で創業の場合には、創業予定地を管轄する公庫の営業所となります。

申し込みの際の面談について

融資申込書を公庫に提出すると、面談が行われます。

この面談は、借入申込書に添付した事業計画書の内容や、店舗、工場の状況、資金や資産の状態についての聞き取りが主な内容になります。

この面談では、融資を申し込んだ方の事業や事業計画が健全で、公庫が貸付けた資金がきちんと返済できるかどうかの見極めが行われます。

融資と返済について

上記の面談や提出した書類の審査の結果、融資が決定されると、公庫から融資の申し込みをした方に対して、融資に必要な書類が送付されます。

その書面に必要事項を記載して公庫に提出すると、融資を申し込んだ方が指定した口座の方に、公庫から貸付金が振込まれます。

そして、資金の振込が終わると、返済が始まります。

返済は、原則として、月払いです。

返済方法としては、元本均等返済、元利均等返済、はじめは月割返済額が少なく、後から月割返済額が上がってくるステップ返済等、いくつかの種類があります。