Money 515058 640

社債は、会社が直接投資家から融資を受ける方法です。

会社の資金調達方法としては、銀行を通じて投資家から融資を受ける方法がよく知られていますが、銀行を通さず、直接投資家から資金を集める方法も可能で、それが社債の発行になります。

そこで、以下では、会社の社債の発行方法について解説します。

社債とは

社債は、会社の借金のことをいいます。

会社の資金調達方法としては、会社が投資家から直接資金を集める直接金融と、会社が銀行を仲介として資金を調達する間接金融の2種類があります。

会社が社債を発行して資金調達を行うのは、直接金融に該当します。

社債による資金調達は、銀行からに融資に比べて、会社が自由に返済方法を決定できるという利点があります。

中小企業向けの少人数私募債について

社債と一口に言っても、様々な種類があります。

大企業向けで不特定多数の者を対象とした公募債、機関投資家のみを対象としたプロ私募債、そして、少人数私募債です。

最後の、少人数私募債は、中小企業向けの社債発行方法です。

少人数私募債の特徴は、発行する金額が1億円未満で、社債の引受人が50人未満、縁故者や会社に関連する者に対象を限定した社債です。

中小企業は、大企業に比べ信用が低く、社債を発行しても不特定多数者や機関投資家は引き受けてくれず、また、仮に引き受けてくれたとしても、大きな金額は引き受けません。

少人数私募債は発行金額も少なく、対象も会社に縁故のあるもののみですので、信用力の少ない中小企業でも、資金調達の方法として利用できます。

少人数私募債の発行方法について

少人数私募債を発行する場合には、まず、社債募集要項を作成しなくてはなりません。

この社債募集要項では、以下のような内容を定めます。

・社債の募集総額
・社債の一口当たりの金額
・社債の利率
・社債の償還期間と償還方法
・社債利息の支払方法
・中途解約の方法
・社債の第三者譲渡の方法及び譲渡制限

なお、社債発行会社が株式会社で、かつ、取締役会設置会社である場合には、社債募集要項の決定は取締役会で行わなければなりません。

社債募集要項が決まったら、説明会を開いて、社債購入予定者にその内容を説明します。

その際、事業計画書なども提示して、社債発行によって調達した資金をどのように使用するか等を、社債購入予定者によく説明する必要があります。

社債購入予定者への説明が終了したら、次に、社債購入予定者に社債申込証(社債の購入申込書)を提出してもらい、それに従って、社債を発行します。

社債発行後は、債権者である社債購入者の管理は、会社が行わなくてはなりません。

よって、社債原簿(社債台帳)等を作成して、社債の利払いや償還をしっかり管理しなくてはなりません。