Dollar 505513 640

払込資本金とは、株式会社が発行する株式に対して、株主が会社に払い込んだ金銭等のことを言います。

払込資本金は、資本金と資本準備金によって構成されますが、以下で、この払込資本について解説します。

払込資本金とは

株式会社は、株式を発行して、幅広い投資家(株主)から資金を集めることができることに、大きな特色があります。

例えば、株式会社が、その株式を1万円/1株で、100株発行したとします。

発行した株式が、すべて株主によって引き受けられたとすれば、会社には発行した株式を受け取った株主から1万円×100株=100万円の支払いを受けます。

この100万円が払込資本金となります。

資本金と資本準備金の違いについて

会社法第445条第2項では、株式会社は、発行した株式の対価として会社に株主が払い込んだ資金のうち、1/2を超えない額を資本金に計上しないことができると規定しています。

よって、例えば、上記の例で、株式の発行対価として会社に払い込まれた100万円のうち、50万円は資本金としないことができます。

そして、資本金としない50万円は、資本準備金として計上します。

通常、株式会社は、株式発行によって払い込まれた金銭等の全額を資本金に計上せず、法律上の制限ぎりぎりで、半分を資本金、残り半分を資本準備金として計上します。

その理由は、資本金額は登記簿に記載されますが、資本準備金は登記簿に記載されません。

よって、一度計上した額を取り崩す場合、資本金は登記簿の記載の変更によって第三者にその事実が公開されますが、資本準備金は取り崩しの事実が第三者に公開されません。

資本金の取り崩し(減資)は、第三者に対して、株式会社の経営がうまくいっていないという印象を与えるので、会社はできるだけそれを避ける傾向があります。

そこで、できるだけ資本準備金を多く計上し、資本金として計上する額を少なくして、会社の経営状態を思わしくない時でも、減資を行わなくてよいようにしているのです。

会社設立と払込資本

会社法第445条第1項では、株式会社の資本金は、原則として、株主が設立又は株式の際し、株主となる者が株式会社に払込み又は給付した財産の額とする、と規定しています。

よって、株式会社の資本金とは、株主が株式の交付を受けるのと引き換えに会社に給付した財産であるということができます。

株式会社は、設立の際に、株式を発行します。

よって、株式会社の設立時の資本金は、設立の際に発行する株式と引き換えに会社に払い込まれる財産の価額となります。

このことは、会社設立時に、できるだけ多くの出資者(将来株主となる者)を募れば、非常に大きな額の資本金で会社を設立することも可能だということを意味します。