Board 780321 640

クラウド会計ソフトにはどのような機能があり、どんなものがあるのかを確認してみましょう。

クラウド会計ソフトの機能

クラウド会計ソフトを用いることで、従来必要であった会計ソフトのインストールが不要になるものもあります。

また、複数人での同時処理が可能となります。

そして、従来の会計ソフトよりコストが安く済むメリットもあります。

MFクラウド会計

MFクラウド会計では、勘定科目を自動で判別する機能、登録した仕訳のルールを学習する機能があります。

また、制作には会計士、税理士法人が関わっています。

また、データ共有機能やレポート画面などが税理士が管理しやすくなっているので、税理士と連携して業務を行いたい人にはおすすめでしょう。

料金設定は個人の場合で月800円、法人が月1,800円となっています。

freee

freeeでは、初心者でも簡単に仕訳ができるように、プルダウン式で選択できるようになっています。

また、ICカードとの連携がされいるため、スイカ使用の交通費支払に関しては入力作業不要で記録されるので、便利であるといえます。

料金設定は個人の場合で月980円、法人が月1,980円となっています。

やよいの青色申告クラウド

弥生会計は、会計ソフトの中では、シェアNo.1を占めています。

やよいの青色申告クラウドは、仕訳を入力するだけで帳簿作成され、青色申告の書類作成まで対応しているのが特徴的です。

料金設定は個人の場合で月720円となっています。

Crew

Crewは、コンサルティング会社が、会計事務所と共同開発したクラウド会計ソフトです。

アシスト機能があるので、初心者でも取り組みやすいのが特徴的です。

料金設定は個人の場合で月500円、法人が月1,500円となっています。

まとめ

さまざまなクラウド会計ソフトがありますが、初心者でも扱いやすいのが特徴的です。

会計業務は、税務申告との関連性が強いので、顧問税理士がいれば、相談して使いやすいものを利用しましょう。