Graph 163509 640

ベンチャー企業に対して積極的に投資を行う投資家のことをベンチャー・キャピタル(VC)といいます。

そして、数多く存在するベンチャー・キャピタルを一覧できるようにまとめたものがベンチャー・キャピタル一覧ですが、以下で、これについて解説します。

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャ―キャピタルとは、ベンチャー企業に積極的に投資を行う投資家のことをいいます。

ベンチャー企業に積極的に投資する投資家には、他に、エンジェル投資家があります。

これは、創業間もない企業に対して投資を行う裕福な個人のことで、他人から集めた資金で投資を行うベンチャーキャピタルと違い、自己資金で投資することが大きな特徴です。

ベンチャー・キャピタルの目的は、投資先の企業が成長して株式を公開した際に行う株式売却による利益や、投資先の企業が売却された際に発生する利益です。

ベンチャ―キャピタル一覧について

ベンチャーキャピタルには、次のような種類があります。
① アクセレータ・インキュベーター
② 独立系ベンチャーキャピタル
③ 事業会社系ベンチャーキャピタル
④ 金融会社系ベンチャーキャピタル
⑤ 政府系ベンチャーキャピタル

まず、①のアクセレーター・インキュベーターとは、創業間もない起業家たちを応援してくれるベンチャ―・キャピタルです。

その多くが、投資先の起業家に対して、起業家育成プログラムを実施するところに大きな特徴があります。

②の独立系ベンチャーキャピタルは、親会社を持たず、ベンチャ―キャピタル事業を中核として事業展開するキャピタルのことをいいます。

独列系ベンチャーキャピタルは、シード期のベンチャー企業にも積極的に投資を行う傾向があります。

なお、シード期とは、新しい事業のコアとなる技術・製品・ビジネスモデル等のアイディアやコンセプトを固めている、設立準備段階のことをいいます。

③の事業会社系ベンチャーキャピタルとは、大手企業を親会社に持つベンチャーキャピタルのことを言います。

事業会社系ベンチャ―キャピタルは、インターネットやモバイル関連のベンチャー企業に対して積極的に投資を行う傾向があります。

④の金融機関系ベンチャーキャピタルは、都市銀行、地方銀行、信用金庫等の金融機関が出資して設立されたベンチャーキャピタルです。

出資先の金融機関によって、そのベンチャーキャピタルの特徴が異なるのが特徴です。

⑤の政府系ベンチャーキャピタルは、政府が出資して設立されたベンチャーキャピタルのことをいいます。

政府系ベンチャーキャピタルは、その事業活動が中小企業投資育成株式会社法等の法律の規制を受けるところに大きな特徴があります。

ベンチャーキャピタル一覧はインターネットから確認できる

ベンチャ―キャピタルの一覧は、インターネットから閲覧することができます。

そこで、起業家の方は、各種のベンチャーキャピタルから、自分によく適合したキャピタルを選択して、出資の依頼を行うことができます。

開業当初に必要なベンチャー・キャピタルの活用

ベンチャー企業も、株式会社等を設立して起業する場合には、登記簿に資本金が記載され、一般に公開されます。

よって、株式を上場する前の段階でも、資本金の金額は公示されるので、その金額はできるだけ大きい金額とした方が、対外的な信用が増します。

しかし、開業当初は、たいていの場合、十分な自己資金が確保できないのが現状です。

そこで、ベンチャー・キャピタルを活用して、十分な資金を調達し、資本金額をできるだけ多く計上していおくことが、必要となってきます。