Devil 1013868 640

会社を設立すると、法人税の確定申告が必要になります。

法人税の確定申告は、個人所得税の確定申告と比較すると非常に複雑なので、一般的には、その手続きを税の専門家である税理士に依頼します。

では、顧問税理士を選ぶ際に参考となる税理士の評判は、どうやって調べるのでしょうか。

以下で解説します。

ホームページを利用する方法について

税理士の評判を調べるには、インターネットを活用することが一番簡単です。

インターネット上では、様々な税理士事務所がホームページを公開してみますから、そこホームページを閲覧することによって、税理士の評判を調査できます。

また、最近は、インターネット上の書き込みも非常に盛んですので、顧問契約を考えている税理士の口コミをネット上で調べてみる方法もあります。

経営者の交流会を利用する方法について

会社を設立すると、様々な交流がいまれます。

会社の経営者同士の集まりにも参加する機会も多くなります。

その際、別の会社の顧問税理士の評判について聞くことも有効な方法です。

場合によっては、その会社の顧問税理士を紹介してもらえることもあるかもしれません。

知人・友人のつてを利用する方法について

知人・友人の中に、税理士を知っているという方も結構いると思います。

例えば、知人の親戚が税理士を開業しているとか、同窓生が税理士を開業しているとか、税理士と何かの縁がある方も結構いらっしゃいます。

それらの方々から、税理士の評判を聞くことが可能です。

面談を利用する方法について

顧問税理士は、会社の機密情報を取り扱いますので、顧問契約は慎重に行う必要があります。

インターネットで評判の良い税理士を見つけた場合でも、契約締結の前までに本人と直接面談をして、ネット上の公告通りの税理士かどうかを確認する必要があります。

場合によっては、インターネット上の口コミでは素晴らしい税理士であっても、実際にあってみると全然異なる税理士である場合もありますので、注意が必要です。

税理士会を利用する方法について

各都道府県には、税理士会が設置されています。

その税理士会では、基本的には顧問税理士の紹介業務は行っておりませんので、税理士会に問い合わせても、よい税理士の紹介を受けることはできません。

しかし、税理士に関する一般的な情報の提供は受けることができます。

また、税理士会は、公的機関であるので、税理士会が提供する情報には信頼性がありので、一度問い合わせてみる価値は十分にあります。

優良企業の条件は、自己資本比率は40%以上であると言われています。

自己資本比率の低い会社では、借金の返済のための借金が必要なことが多く、そのため、金融機関や投資家の信頼度は低くなります。

銀行や投資家の信用度が低いと、融資を受けることが難しくなり、資金繰りが悪化し、倒産しやすくなります。

実際に、赤字企業の自己資本比率の平均は−4%であると言われています。

優良企業を目指すのであれば、自己資本比率をより高くする努力が必要となります。