Coins 1170660 640

税理士の報酬の相場は、税理士が事業所を月何回訪問するのかによっても異なります。

また、税理士が記帳指導のみ行うのか、それとも、帳簿作成のすべてを行うのかでも変わります。

以下では、ケース別に税理士報酬の相場について解説します。

税理士報酬の相場について

税理士報酬は、顧問料といって、サラリーマンの月給のように毎月1回一定期日に支払われるのが通常です。

ところで、個人事業主や中小企業の経営者が税理士を顧問に雇った場合、毎月の顧問報酬の相場はどれぐらいになるでしょうか。

顧問の形態には様々ありますが、仮に年間売り上げが1,000万円以上3,000万円未満、訪問回数が毎月1回、記帳に関しては指導のみと仮定しますと、だいたい30,000円/月となります。

売上げ規模・訪問回数による変動

さて、税理士報酬の相場は、依頼した個人事業主の売上高によっても変動します。

例えば、年間売上高1,000万円未満の場合には、25,000円/月となります。

売上高3,000万円以上5,000万円未満の場合には、35,000円/月となります。

訪問回数による変動

訪問回数も税理士報酬の相場の決定要素となります。

上記のデータは毎月1回の訪問を想定していますが、すべての事業所規模(年間売上高)で、訪問回数が3ヵ月に1回ならば5,000円引き、訪問回数が6ヵ月に1回ならば10,000円引きとなります。

記帳代行も依頼した場合について

税理士を顧問にする場合、日常の記帳については指導のみお願いするのか、帳簿作成もお願いするのかという問題があります。

上記の税理士報酬の相場は、すべて記帳指導のみを行なった場合の相場であります。

記帳代行も依頼する場合には、すべての場合において、5,000円/月の加算があります。

法人の税理士報酬について

さて、依頼主が、個人事業主か中小企業の経営者によっては、年間売上高が1億円未満の場合には、依頼主が個人事業主か法人かによって、税理士報酬の相場の相違はほとんどありません。

個人事業主の方が該当することが少ないと考えられる、年間売上高1億円超5億円未満の法人の税理士報酬の相場は、月1回訪問、記帳指導のみ依頼として、月60,000円程度になります。

この場合、3ヵ月に1回の訪問だと10,000円/月の割引き、6ヵ月に1回程度の訪問だと、20,000/月の割引きとなります。

一方、記帳代行もお願いする場合には、10,000円/月の加算があります。

決算書類作成に対する報酬について

なお、個人事業主の場合には確定申告の時期、法人の場合には事業年度末の時期に決算書作成業務があります。

この決算書作成業務に対する報酬は、毎月の報酬とは別に支払うのが通例です。

そして、この決算書作成に対する税理士報酬は、毎月の税理士報酬の4〜6ヵ月分が相場となっています。

税理士報酬の金額以外の基準

税理士の仕事は、経営者のよき相談役となることも含まれます。

税の専門家の立場で、経営者によいアドバイスができれば、経営者は、相場より高い報酬を支払っても全く問題がないと考えるはずです。

一方、相場より低い報酬でも、顧問の税理士が、「上から目線で相談しづらい」「専門用語ばかり並べて何を言っているのか分からない」「いざというときに来てくれない」などという場合には、報酬が安くても、報酬を支払う側としては納得がいかないものです。

以上のように、顧問税理士を決める際には、税理士に支払う報酬が相場より高いか安いかだけではなく、税理士の経営相談スキルの高さや、人柄なども、重要な要素となります。