Gold 1013618 640

株式会社等の法人が、銀行から資金の借入を受ける場合には、必ず、銀行が行う融資審査を受けなくてはなりません。

そこで、以下では、銀行が行う法人に対する融資審査について解説します。

銀行の融資審査は格付けが基本

銀行の法人に対する融資の審査基準は非公開が原則ですので、銀行の窓口で問い合わせても、銀行員が審査基準を説明してくれることはありません。

しかし、一般的な銀行での融資審査は次のようになります。

法人から資金の借入の申出を受けた銀行では、まず、法人に決算書の提出を求めます。

そして、次の4つの観点から、提出された決算書を分析します。

  1. 収益性:その法人が黒字であれば、収益性が高いと判断されます。
  2. 安全性:その法人の自己資本比率が高いと、安全性が高いと判断されます。
  3. 成長性:売上げの大きさや伸びから、成長性が判断されます
  4. 債務償還能力:資本金が大きいと、債務返済能力が高いと判断されます。

その結果をもとに、決算書を提出した法人の格付けを行います。

格付けが高いと、融資が行われやすく、また、融資される場合の金利も低くなります。

一方、格付けが低いと、融資が行われにくくなり、融資される場合の金利も高くなります。

そして、あまりにも格付けが低いと、融資が行われない場合もあります。

上記のように、銀行の融資審査は、決算書を提出した法人の格付けと、それに対する対応が、その主な内容となります。

設備投資資金の融資には事業計画書も重要

設備投資資金の融資の場合には、決算書の分析に加え、事業計画書の分析も重要です。

設備投資融資の場合には、融資を受けた法人は、融資で得た資金を基に設備投資を行い、生産能力を増強し、それにより増加した利益によって、借入金を返済します。

よって、設備投資資金の融資の場合には、しっかりした事業計画書と利益の予想が立てられていれば、融資審査がパスしやすくなります。

銀行から融資を受ける場合の注意点について

銀行は、税金や社会保険料、公共料金を滞納している法人は、危ない法人とみなして、融資をしたがらない傾向があります。

よって、銀行から融資を受けたい場合には、税金や社会保険料等の滞納がある場合には、融資を申し込む前に、その支払いを済ませておく必要があります。

また、消費者金融や商工ローンからの借入金のある会社も、危ない会社とみなして、融資を敬遠する傾向があります。

万が一、そういった金融機関から融資を受けている場合には、融資を申し込む前に、借入金の全額を返済しておくことが望ましくなります。

銀行の融資審査をパスしやすくするポイントについて

銀行の融資審査をパスしやすくするには、法人の営業成績を上げ、銀行の格付けを高くすることが一番重要なポイントです。

その他、銀行に直接融資を申し込むと、銀行に対して、借り手がお金に困って融資を申し込んでいるとの印象を与えてしまいます。

そこで、そういう印象を持たれないようにするために、直接ではなく、税理士等を介して銀行に融資を申し込むのも一つの方法です。

また、銀行は、関連会社を使ったダミーの借入れを常に疑っていますから、融資を申し込む際には、関連会社に関する資料もきちんと用意して審査に臨む必要があります。

最後に、融資を申し込む銀行に、法人の取引口座を開設しておくという方法もあります。

そうすれば、銀行に対して、法人取引の実情を明らかにすることができるので、銀行に信用してもらい易くなります。