Euro 400252 640

事業経営者の方であれば、資金調達は非常に重要な問題です。

そして、資金調達の問題には、適切な融資先から適切な融資を受けることがその解決策となります。

今回は、事業融資を行っている機関や、事業融資を受ける方法について解説します。

事業融資を行う金融機関

事業融資を行っている機関には、日本政策金融公庫、銀行や信用金庫、ノンバンクなどがあります。

また、事業融資の方法には、通常の貸付の他に、カードローン、ビジネスローン、手形割引、手形貸付、不動産担保貸付等が利用されます。

ただし、一般的な事業融資の主体となるのは、日本政策金融公庫や銀行等となります。

その他の金融機関は、事業の経営状態が悪く、一般の金融機関に融資を断られた場合に、例外的に利用する機関といえるでしょう。

事業資金の種類によって異なる適切な融資機関

事業資金には

  1. 創業資金
  2. 設備投資資金
  3. 運転資金

の3種類が存在します。

そして、この資金の種類に応じて、その適切な融資先は異なります。

創業資金

まず、創業資金については、新規創業者向けの融資制度を複数用意している日本政策金融公庫が適切な融資先です。

設備投資資金

設備投資資金については、銀行等が適切な融資先となります。

銀行は、伝統的に設備投資資金に強く、また融資を行った後の経営指導という点でも、設備投資資金の融資に関しては、他の金融機関より優れています。

運転資金

運転資金については、審査が容易で即日融資も可能な場合もあるノンバンクが適切な融資先です。

ノンバンクを利用した場合、金利は他の金融機関を利用した場合より高くなります。

しかし、償還期間が短期間なのが特徴です。

運転資金においては、金利の高低よりも、融資を受けやすさが優先されるので、この点でノンバンクが有利です。

融資を受けるための手続き

融資を受ける際には、まず、事業者が融資の申し込みを行い、金融機関等が融資の審査を行った上で、融資を承認した場合には、事業者の口座に資金が振り込まれるという流れになります。

一般的な融資の申し込みでは、過去の決算書(貸借対照表や損益計算書等)や、経営計画書、事業計画書、担保が必要な場合には担保の目録、その他、融資に条件が必要な場合には、その条件を満たしていることを証する書面等を添えることが必要になります。

融資を申込むこむ場合には、日本政策金融公庫、銀行等、商工会等の窓口に出向いて融資の相談を申し込めば、そこで、その手続きについての説明を受けることができます。

また、各種金融機関はHPで、融資可能な資金の概要や融資方法を公開していますから、それを閲覧することでも、融資方法等を確認することもできます。