Syuzenn

固定資産である建物、自動車、工作用機械との修理を行った場合には、その費用は資本的支出として、固定資産の評価額の増額として計上するか、修繕費として、支出した日の属する事業年度の必要経費として計上するか、いずれかになります。

以下では、この資本的支出と修繕費について解説します。

資本的支出とは

固定資産に対して修理費用を支出した場合で、その固定資産の資産価値を増額させたり、その耐用年数を延長させるような効果を生む支出を行った場合には、その支出は、資本的支出に該当します。

例えば、次のような費用が資本的支出に該当します。

・建物に避難用階段を取り付けた場合のその取付費用
・建物の用途変更のための模様替えや改装に要した費用
・機械の部品を、特に品質又は性能の高い部品に取り替えた場合の費用で、その費用
から通常の部品の取替えに要した費用を控除した額に相当する費用

なお、建物の増築、構造物の拡張、延長又は建物の取得に当たる支出については、資本的支出ではなく、新たな固定資産の取得価額として、その費用を取り扱います。

修繕費とは

一方、固定資産に対する支出でも、その資産に対する現状維持・管理のための支出や、原状回復のための支出の場合には、修繕費として計上します。

修繕費としては、次のような者が該当します。

・建物の移えい又は解体移設をした場合における移えい又は移築に要した費用
・機械装置の移設に要した費用
・地盤沈下した土地を沈下前の土地に服するための地盛りに要した費用
・現に使用している土地の水はけをよくするための砂利敷きに要した費用

なお、資本的支出に該当する費用の支出であっても、一つの修理・改良に要した費用の額が20万円未満の場合には、修繕費として支出した日の属する事業年度の損金としてその全額を計上することができます。

同じく、資本的支出に該当する場合でも、その修理・改良が3年を周期として行われることが既往の実績その他の事情からみて明らかな場合にも、修繕費として計上することができます。

資本的支出ではなく修繕費として計上するための注意点について

固定資産の修理費等を資本的支出ではなく修繕費として計上する場合には、その要件をよく確認する必要があります。

その費用の支出によって固定資産の利用価値や耐用年数が向上して資本的支出に該当する場合に、誤って、修繕費に計上すると、計上した年度の法人所得及び法人税の納税額が本来の水準よりも低くなります。

申告後の税務調査によって、この誤りが発見されると、追加の税金の支払いや過少申告加算税等の罰則を受ける場合があります。

資本的支出を誤って修繕費として計上した金額が大きい場合には、後から命じられる追徴課税の金額も大きくなりますので、十分な注意が必要です。

被災を受けた固定資産に対する支出の計上方法について

災害により、被災を受けた固定資産について支出した費用の資本的支出と修繕費の区分については次の基準によります。

(1)被災資産につき現状を回復するために支出した費用は修繕費とする
(2)被災資産の被災前の効用を維持するために行う補強工事、排水又は土砂崩れの防止のために支出する費用については、法人が修繕費として支出する場合には修繕費とする
(3)被災資産に対する支出で、資本的支出か修繕費かが明らかでないものについては、法人がその支出の30%を修繕費、残りの70%を資本的支出として計上している場合には、それを認める