Colored Pencils 865794 640

会社を新たに設立するためには、法務局で登記という手続きをする必要があります。

ここでは、会社の登記というものについて考えていきたいと思います。

会社の登記は大きく次のような流れによって行われます。

1)会社概要の決定

発起人、役員、会社名、決算期、資本金など会社を設立するために必要な事項を決定します。

2)会社名の確認

類似する会社名について確認します。管轄の法務局の端末などで確認することができます。

3)定款の作成

会社の基本的な事項が記載してある定款を作成します。

定款に記載すべき事項は法律で定められており、一つでも抜けていると認証を受けることができません。

4)定款の認証

定款の作成が済みましたら公証役場で認証を受けます。

認証を受ける前に作成した定款のチェックもしてもらえる場合があるので、事前確認ができるかどうかを近くの公証役場に問い合わせてみる方がいいでしょう。

5)資本金の払い込み

定款の認証が済んだら資本金の払い込みを行います。

定款で定めた資本金を出資者自身の名義で払い込むことになるわけですが、登記が完了しないと法人名で銀行口座を作ることはできません。

ですので、代表取締役となる人の個人口座に振り込むこととなります。

6)登記申請

資本金の払い込みが完了したのち、2週間以内に法務局へ登記申請をします。

登記にあたっては、申請に必要な書類を揃え、管轄の法務局に提出する必要があります。

自ら法務局に出向かなくても、郵送やオンラインでの申請も可能となっています。

ただし、郵送の場合は、不備があった場合のやりとりに手間と時間がかかることがありますし、オンラインの場合、専用のソフトをダウンロードして手続きを行わなければならず、面倒な場合もあります。

登記完了日について

登記が完了するまでは、申請してから数日かかりますが、窓口でいつ完了するかをあらかじめ教えてくれる場合もあります。

確認しておくと銀行口座の作成や諸官庁への手続きなど次の手続きがスムーズに行きます。

なお、会社設立の日は、登記申請をした日となりますので、ご注意ください。

印鑑の届出もしておこう!

また、登記完了後は登記事項証明書や印鑑証明書を取得することができますが、印鑑証明書は印鑑の届出をしていないと発行できません。

申請の時にはこちらの届出も忘れずにしておきましょう。