Browse 1020064 640

会社を新たに設立する時に考えておきたいものに経営理念があります。

経営理念とは、事業を行っていくための基本的な考え方となるものです。

社員の意識を統一することや社会に対する企業イメージを上げることを目的としております。

ここでは経営理念について考えていきましょう。

経営理念とは?

会社が事業を行うにあたり基本的な考え方となるものが経営理念と言われるものです。

主に創業時や社員が増えてきて事業を拡張しようと言ったタイミングで創業者や代表者によって示されるものとなります。

社員に会社の一員であるという意識を高めることや社会に対して会社のイメージを広めていくことを目的としてつくられます。

経営理念の要素

経営理念を作るための要素としてあげられる考え方として、

  1. ミッション = 企業が持つ使命
  2. ビジョン = 企業の将来像
  3. バリュー = 企業価値

があります。

経営理念の作り方

会社を作ろうという理由は社長それぞれにいろいろな考え方があると思います。

何をするために会社を作り、何を目的に事業を行っていくのかということを改めて見直すことが、経営理念を作るための最初のステップになるはずです。

シンプルでわかりやすくあるべき

いろいろと考え出すといろいろと経営理念として掲げたい事柄が増えてくるかと思います。

しかし、あまり要素が多くなると理解してもらうことが難しくなってきます。

社員の意識統一と社外に向けたブランドイメージの浸透が目的となるわけですから、できるだけシンプルでわかりやすいものが望ましいと言えます。

なんでもかんでも詰め込めばいいということではなく、よりメッセージとして伝わりやすいものにしたいところです。

まとめ

起業しようと考えた時から、どんな会社にしようとか、こんな事業で社会に貢献したいとか、様々な思いや志があるかと思います。

そのような創業者や代表者の思いを伝えるためのメッセージが経営理念となります。

法人である会社が持たなければならない役割や使命をイメージして作っていくことが大切なことです。