Selection 64197 640

新規に株式会社を設立した方や、経営規模が拡大して消費税の課税事業者になられた個人事業主の方などは、非常に複雑な税金に関する手続きをしなくてはなりません。

この場合、経営者自らこの手続きをするよりも、税に関する手続きの専門家である税理士に依頼したほうがはるかに効率的です。

ただし、税理士として開業されている方は、相当な数に上ります。

その中から信頼できる税理士を探さなくてはなりません。

そこで、以下では、税理士を探す際のいくつかのポイントについて、考えてみます。

ポイント1:料金

税理士探しのポイントの第1は料金です。

ほとんどの税理士は、その料金を顧問料として受け取ります。

顧問料はコンサルティングに対する対価ですが、一般的には、日常の会計帳簿の作成などの料金も含みます

さて、この顧問料の相場は、個人で月2万円、法人で月3万円程度です。

また、毎年1回の決算の時期には、個人で5万円、法人で20万円程度の申告書類作成料金が追加で発生します。

税理士は、国家資格を有しておりますから、税理士によって能力に著しいバラつきがあるとは考えられません。

特別な理由がないのに、この相場の顧問料金より極端に高い(安い)金額を請求してくる税理士は、注意しなくてはなりません

ポイント2:得意分野

税理士と言っても、個人個人で得意分野が異なります。

消費税が得意な税理士もいますし、相続税が得意な税理士もおります。

個人事業主の業務に精通している税理士もいれば、法人が得意という人もいます。

自分が、どのような税務事務を税理士に依頼したいかを理解し、その分野を得意とする税理士を選んで仕事を依頼する必要があります。

自分が依頼したい分野を不得意とする税理士に依頼した場合、予想したようなメリットを享受できない可能性があります。

ポイント3:税理士の人柄

税理士も人間ですから、様々なタイプがおります。例えば、

  • 威張っていて話しにくい
  • 専門用語ばかりで何を言っているのかわからない
  • 連絡してもすぐ動いてくれない
  • 経営相談には全く対応できない
  • いざというときに、顧問先の味方ではなく税務署の味方をする

というような税理士もおります。

このような税理士に依頼すると、非常に不愉快な思いをします。

ですから、顧問料や専門分野と同様、人柄についても、十分に注意しなくてはならない重要なポイントとなります。