Profits 618373 640

損益計算書とは、一定期間(事業年度)の収益と費用を明らかにするものです。

ここで、収益とは、その事業主の稼ぎ高をいい、費用とは、その稼ぎを生み出すために発生した経費のことを言います

以下では、この損益計算書について解説します。

決算書について

事業主は、各事業年度ごとに決算書を作成しなくてはなりません。

この決算書は、事業主の財産の状態を表示する貸借対照表、会社の経営成績を表示する損益計算書、会社が生み出した利益の使い道を表示する株主資本等変動計画書の3つの書類から成り立っています。

決算書は、事業主が税金の申告を行う際、また、銀行から融資を受ける際などに必須の書類となります。

損益計算書は、この決算書の一部を構成する重要な書類となります。

事業期間

損益計算書は、一番最初に事業期間が記載されています。

事業期間は、個人事業所の場合には1月1日から12月31日まで、法人の場合には、法人の1事業期間が表示されます。

売上高

次に、その事業主の事業期間における売上高が表示されます。

売上高の下には、売上原価が表示されます。

ここで売上原価とは、売上高を生み出すために直接必要な費用(商品の仕入原価等)が該当します。

売上総利益

その次に、売上高から売上原価を差し引いた売上総利益が表示されています。

売上総利益は、粗利ともいい、商売のおおもとの利益(大ざっぱな利益)のことを指します。

一般管理費

次に、一般管理費が記載されています。

一般管理費とは、売上げに直接貢献する費用ではないが、水道光熱費や接待交際費、人件費等、間接的に売上げに貢献する費用のことをいいます。

営業利益

なお、売上総利益から一般管理費を差し引くと、営業利益が算出されます。

これは、会社の本業による利益(損失)額を表示しています。

経常利益

その次に、貸付金の受取利息など、会社の営業外損失が表示されています。

営業利益に営業外収を加え営業外損失を差し引くと、経常収支が算出されます。

これは、会社のすべての営業活動による利益(損失)を表示しています。

特別利益と特別損失

固定資産を売却して得た利益など特別な事情によって発生した利益を特別利益と呼びます。

逆に損失は特別損失と呼ばれます。

純利益

経常利益に、特別利益を加え、特別損失を差し引き、税金に対する調整を行うと、当期純利益が算出されます。

この当期純利益を表示するのが、損益計算書の最終的な目的です。

自己資本利益率について

損益計算書からその事業主の対象期間の当期純利益が把握できます。

この当期純利益を自己資本の金額で割ると、自己資本利益率が算出されます。

この率は、会社に投資した資金がどれぐらい効率的に運用されているかを表示しており、株式投資を判断する際に重要な指標となります。