34e776df81dcfe99c4d15d063f9e63b9 S

会社を経営されている方が、融資を受ける方法はいろいろあります。
日本政策金融公庫など公的金融機関から融資を受ける方法、民間の銀行等から融資を受ける方法、そして、事業者ローン(ビジネスローン)を利用する方法です。
以下では、この3番目の事業者ローンについて解説します。

事業者ローンとは

事業者ローンとは、銀行、クレジット会社、ノンバンクなどが提供する中小企業・個人事業者向けのローンのことです。
原則として無担保、無保証で融資が受けられ、銀行に比べると審査通過率が高く、融資までの時間が短いことがあげられます。
別名をビジネスローンともいいます。

ただし、その反面、金利が高い、融資額の上限額が低い、悪徳業者が運営している場合もある、等のデメリットも存在します。
利用の際には、これらのデメリットをよく勘案する必要があります。

つなぎ資金向け融資に適している事業者ローン

会社が金融機関等から受ける資金の主なものには、起業資金、設備投資、運転資金があります。
このうち、運転資金とは、会社を設立後、取引先の金融機関が倒産したり、経営状態が不安定になったため、急に資金が必要になる場合がありますが、そのような場合に融資を受ける必要になる資金のことで、つなぎ資金とも言います。

このつなぎ資金の特徴としては、融資の金額自体はそれほど大きくはないのですが、融資の申込みから資金の提供までに時間がかかってはならないことがあげられます。
その点、公庫の場合には融資までに時間がかかりすぎますし、銀行融資の場合は、審査が厳しくて、準備が間に合いません。

そこで、短時間で融資を受けられる事業者ローンの利用が考えられます。事業者ローンは、融資までがスピーディーで、つなぎ資金の融資としては好適です。
一方、金利が非常に高く、貸付額の上限が低いですので、返済期間が長く、貸付金額の大きい他の資金には向かない制度です。

場合によってはカードローンの利用を考える

生活資金を事業のつなぎ資金として提供しているために、生活資金に困窮している場合には、銀行などの個人向けカードローンの利用が考えられます。
カードローンの中には、低金利かつ融資がスピーディーなものもいくつかあります。
条件が揃えば500万円〜800万円ぐらいまで融資を受けることも可能です。

カードローンは個人向け生活資金の融資が目的ですから、事業資金としての利用のみとして融資を申し込めば断られます。
しかし、資金を事業に回して生活資金が足りなくなった等と理由を工夫すれば融資を受けられます。

有利な借入条件を提示しているカードローン会社等があれば、利用を検討してみるのもよいでしょう。