Apple 1284085 640

レンタルオフィスとは、通常の事務所を自前で賃貸するよりも、より安く事務所を借りることができる事務所賃貸の形態の総称のことです。
企業の際の初期費用を安く抑えることができるため、多くの起業者に利用されています。
以下では、このレンタルオフィスについて解説します。

レンタルオフィスの種類について

レンタルオフィスには次のような種類があります。

・月極めで事務所をレンタルする期間貸型

・インターネットカフェのような時間貸型

・登記に必要な住所や電話番号のみをレンタルするバーチャル型

・起業や創業の活動のための入居者支援施設(インキュベーション型)

各レンタルオフィスの特徴について

なお、期間貸型や時間貸型については、1つの事務所を数社で共同利用するため、自前で事務所をレンタルするよりも費用が低減できるというメリットがあります。
レンタルオフィスの中では、最も一般的な形態です。

レンタルオフィスの中でもユニークなのがバーチャル型(バーチャルオフィス)です。バーチャル型とは、郵便転送サービスや転送サービスを駆使して、あたかも本物の事務所が存在するように第三者にアピールできるようにするサービスのことを言います。

また、バーチャル型を利用すれば、実際に事務所を持たなくても会社の登記や口座開設ができます。
事務所の立地条件が問題となることもありません。
事務所を持つことは非常に大きなコストがかかりますから、バーチャルオフィスを利用すれば、事務所コストを極限まで抑えることができます。

インキュベーション型は、起業者支援の目的で行う事務所の共同賃貸のことをいいます。
地方公共団体、経営コンサルティング会社などが運営します。
どちらも、入居時や入居後に一定の審査が行われるのが特徴です。

レンタルオフィスを利用する場合の注意点について

現実に事務所を持つタイプのレンタルオフィスの場合、1つの事務所を複数の企業で共同利用するわけですから、利用者間の調整が重要です。
その調整がうまくいかず、利用者間でトラブルが発生したりすると、レンタルオフィスのメリットは半減です。

また、バーチャル型の場合には、セキュリティ問題が重要です。
信頼できる業者を選ばないと、個人情報の流出の危険性があることはもちろんのこと、最悪犯罪に巻き込まれる可能性もあります。
仮想空間という非常に不安定な場所に事務所を構えるわけですから、セキュリティには十分な配慮が必要です。

なお、本物の事務所を構えるタイプのレンタルオフィスに関しても、事務所の共同利用という形態の特性として、セキュリティの問題が重要なものであることは言うまでもありません。