Ede0beb56955386cb808516b4280df8b S

はじめに

開業を決めたばかりの個人事業主等にとっては、税理士を始めとする様々な士業についてなんとなく敷居の高さを感じることもあるかと思います。

付き合いの無い相手の相談は聞いてくれないんじゃないかとか、相談だけで多額の費用がかかったり顧問契約を強引にすすめられたりしそうで不安を感じている方もいるかもしれません。

しかし、税理士等の士業もサービス業なので、比較的気軽に相談に応じてくれたり、初回無料相談等のサービスを提供している事務所も多いものです。
中小企業や個人事業主にとって、最も身近であろう士業である税理士について、どの程度の費用がかかるのか概観してみましょう。

相談

一般的な税務相談であれば、1回(30分~1時間程度)で5000円程度の相談料で話を聞いてくれる税理士事務所が多いのではないかと思います。
贈与税等の単発的な相談であれば、この範囲で解決可能な相談事も多々あります。

記帳や確定申告の業務の顧問先を探している事業者からの相談(事務所のサービス内容の確認や見積等)であれば、無料で相談に応じている事務所もあります。

最近では、多くの税理士事務所がホームページを公開しているので、ホームページで事務所の取扱業務や雰囲気を感じ取った上で、まずは電話で話を聞いてみるのが良いでしょう。

顧問料

月々の記帳を代行してもらったり月次毎の相談に応じてもらったりできる顧問契約を結んだら、どの程度の費用がかかるでしょうか?
大半の税理士事務所が顧問先毎の売上高や仕訳数に応じた顧問料体系にしています。

非常に大雑把な目安で言えば、年間売上が1000万円~3000万円程度の個人事業主や中小企業の顧問料で1万円台から3万円程度かと思います。

決算・申告

事業年度毎の決算と申告の手続きを依頼するとどれくらいかかるでしょうか?
上記で例としてあげた、年間売上が1000万円~3000万円程度の個人事業主や、中小企業での大雑把な目安としては10万円前後になるかと思います。

まとめ

上述した内容のうち、金額に関するものは大まかな目安であり、税理士事務所毎に大きな開きがあるのも現実です。

最近は、会計ソフトが充実していることもあり、事業規模が小さいうちは事業主自身で記帳や決算・申告をすることも可能でしょう。

税理士事務所と顧問契約を結ぶか自分でやってみるかで悩んでいる方は、その悩みを率直に税理士に相談してみるのも良いです。
誠実な事務所であれば、顧問契約のメリットや費用について分かりやすく説明してくれます。

特に、税理士事務所とは継続的かつ長期的な付き合いになる場合が多いので、最初の契約の際に納得できるまで信頼できる税理士探しをしましょう。