Green Door 258279 640

店舗オーナーになりたいと考えている方にとって、開業資金がどれくらいかかるのかというのは非常に気になる部分ですよね。
店舗の種類、規模によって一概には言えませんが、小規模なカフェだったらどれくらいかかるのか、その目安を見てみましょう。

賃貸費用

自宅の一部を改装して店舗として利用するケースもありますが、店舗用の物件を借りるケースがほとんどでしょう。
開業費用としてもまとまった金額が必要になりますし、開業後も毎月の固定費としてかかる費用なので、慎重に決める必要があるのが店舗の賃貸費用です。

もちろん、エリアや立地や広さによって賃料は様々ですが、小規模なカフェでも15万円程度はかかるのではないでしょうか。

また、居住用の物件では1~2ヶ月分程度の賃料相当の敷金を預けることが多いですが、事業用の物件では6~10ヶ月分の保証金が必要になるケースが多いです。

内装工事

賃貸費用と並んで大きな初期費用になるのが内装工事の費用です。
また、賃料と同様に贅沢を言えばキリが無い費用で、工事の内容によりピンキリです。

前の賃借人が、同種の飲食店として利用していた居抜き物件で、極力改装の規模を小さくしても100万円程度はかかるのではないでしょうか。

お金をかけて贅沢にすれば商売繁盛するというわけではありませんし、お金をかけなくても落ち着ける雰囲気を醸し出すことはできます。

まさに、オーナーのセンスと腕の見せ所です。

設備費用

飲食店というのは非常に新陳代謝の激しい業界なので、店舗で使う什器、設備、厨房器具、インテリア等々はリサイクル市場が出来上がっています。
全てを、リサイクルショップで調達したとしても、200万円程度はかかります。

高額な厨房器具等は、リサイクルショップで買ったとしても、やはりまだ高いものです。
そういった設備については、リースで揃えるという選択肢もあります。

リースにすることによって、開業時のまとまった出費を抑え月々のリース料を費用化することも可能になるので、一考の価値はあるでしょう。

運転資金

開店をしたからといって、すぐにお客様がたくさん集まってくれるわけではありません。

地元の人達に店の存在を知ってもらって、一度足を運んでもらい、リピートに繋げ、売上で経費を賄えるようになるまでの間の運転資金は、最初に用意しておく必要があります。

少なくとも、最初の6ヶ月分程度の費用(賃料、人件費、材料費等)は、用意しておいた方が良いでしょう。

宣伝費

宣伝費は、手持ち資金との兼ね合いで、十分に抑えることが可能な費用です。
手作りのビラやチラシをオーナー自ら配布したり、ポスティングしたりすれば、費用は数千円程度から可能です。

まとめ

以上の主な費用を概観しただけでも、非常に大まかな目安として500~1000万円程度の開業資金が必要だといえます。

もちろん、都心の一等地のような立地での開店や地方の数千円/月で借りられる古民家での開店等であれば、必要な開業資金の額は大きく変わってきます。