Money 256319 640

個人事業主であっても会社であっても、一時的な運転資金不足や効率的に事業を成長させるためには融資が必要な場合があります。
融資は出資と違い返済の必要のある資金です。

事業の継続や拡大のために融資が必要になった場合に備えて、様々な融資の選択肢を整理しておきましょう。

日本政策金融公庫

中小企業の経営者や、個人事業主に事業資金を融資をしてくれる金融機関の代表格と言えば、日本政策金融公庫です。

特に、経営実績としての数値を示せない開業資金や、開業後間もない事業家にとって最優先の相談先と言えるでしょう。

また、借入に対する金利も低く、返済期間も長めに設定できるのも大きなメリットです。

銀行

事業の経営経験のない人にとっては、融資の依頼先として最初に思いつくのが銀行でしょう。

しかし、銀行からの融資というのは、なかなか審査のハードルが高いものです。
中小企業が、銀行に融資の相談に行くと、信用保証協会の保証は受けられるか?という話になることが非常に多いです。

また、全く取引のない人から融資の相談をされても門前払いということになるので、融資が必要になる可能性のある事業者は、創業時から付き合いの実績のある金融機関を決めておくべきでしょう。

その際も、いわゆるメガバンクではなく、地元の地方銀行等の方が相談に乗ってもらいやすいです。

信用金庫・信用組合

銀行に比べて融資に対する審査のハードルが低めなのが、地元の信用金庫や信用組合です。
とはいっても、日頃からのお付き合いが重要なのは銀行と同様です。

むしろ、銀行以上に各支店の担当者との関係性が重要になってきます。

事業ローン

多くの銀行や、ノンバンクが「ビジネスローン」等の融資制度を設けています。
個人事業の法人成りのような形態であれば、あらかじめ不測の事業資金不足に備えて、契約をしておくということも良いと思います。

ただし、短期でかつ少額の借入に留めるべきだと思います。
長期的かつ計画的な事業資金不足のための借入であれば、上述した他の選択肢を選んだほうが、金利的にもお得だと思います。

まとめ

会社設立や起業をしたときに、どこの銀行に口座を設けるのが良いのかと考える方も多いと思います。
将来的に、融資が必要ないと思われる事業運営をされるなら、いわゆるメガバンクに口座を開設した方がお客様のイメージも良いと思います。

一方、将来的に金融機関からの融資が必要になる可能性があるとお考えなら、地元の地銀や信用金庫等をメインバンクとして、お付き合いの実績・履歴を構築しておくことが望ましいです。

また、何よりも経営者として資金需要をあらかじめ想定・計画して、その事業資金不足の可能性の備えるということが非常に大切です。