資金調達税理士

税理士など専門家がいれば、資金調達の成功率がぐんと高まります。

その税理士が認定支援機関ならば、さらに成功率を高めることができます。

今回は、税理士に資金調達を任せた場合について考えていきます。

融資の審査で税理士の手を借りる!

融資を受けるためには、審査を通過しなくてはいけません。

自分の財務状況で審査が通るのか不安な方も多数いらっしゃると思います。

そんな不安を解消してくれるのが、税理士です。

税理士にも様々な種類がある!

一言で税理といっても様々な種類がいます。

相続税が得意な税理士もいれば、税務調査対策が得意な税理士もいます。

資金調達の場合は、やはり資金調達が得意な税理士に任せるべきです。

その税理士の得意分野は、ホームページにて確認することができます。

『資金繰り支援』について

中小企業や小規模事業者の支援策として『資金繰り支援』というものがあります。

『資金繰り支援』とは、業績が一時的に悪化した企業に対して、日本政策金融公庫などが融資を行い、倒産の危機から救ってくれる制度です。

資金繰りの支援を受けるためには、国の認定を受けた専門家の指導を受けなくてはいけません。

この専門家を『認定支援機関』と呼ばれています。

認定支援機関は、税理士が選ばれる例が多いです。

認定支援機関である税理士に資金調達を頼んでみよう!

国の認定を受けた専門家である『認定支援機関』を利用すれば以下のようなメリットがあります。

  • 運転資金の融資の場合、金利が下がる可能性が高い。
  • 経営改善支援センターへの利用申請が採択されると、計画の定期的なフォローアップ費用がされる

まとめ

今回は、税理士に資金調達を任せた場合について考えていきました。

特に認定支援機関の税理士に任せた場合、日本政策金融公庫など公的機関から有利な条件で融資を受けることができます。

資金調達を税理士に任せてみようと考えている方は、候補の税理士のホームページをチェックしてみることをオススメします。