起業資金調達

起業時にできる資金調達として、まずあげられるのは融資です。

しかし、融資だけが資金調達ではありません。

増資など様々な方法があります。

今回は、起業時にできる融資以外の資金調達方法を紹介していきます。

1)自己資金

経営者個人が持っている資金を会社に貸し出す方法が、一番安全な方法だと言えます。

資金的に余裕がある方であれば、積極的に進めていきたい資金調達方法です。

2)社員持株会

社員持株会とは、企業が従業員に対して自社株を保有させる制度のことです。

ただ、あまり大きくない会社ではオススメできない資金調達方法ではあります。

3)他企業からの出資受け入れ

自社の株式を他の企業に譲渡して出資を受け入れるものです。

しかし、株式の譲渡比率が50%を越えると、事実上経営権を譲渡した形となりますので、バランスが必要です。

4)ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルに出資してもらうという選択肢もございます。

ベンチャーキャピタルにもよりますが、ベンチャー企業の事情を考慮して出資比率や出資方法が決められることが普通です。

5)個人での借り入れ(消費者金融など)

消費者金融などから経営者個人としてお金を借入して、そのお金を会社に貸し付けるという方法もございます。

利用する金融機関の種類にもよりますが、基本的に利息が高くなるため、出来るならば避けておきたい調達方法と言えます。

6)家族からの借り入れ

親や兄弟、親戚などから資金を借りるという方法もございます。

起業する際に家族の理解を得ていることが最低条件となります。

そこがクリアされているのであれば、活用しない手はないでしょう。

まとめ

今回は、起業時にできる融資以外の資金調達方法を6つ紹介しました。

  1. 自己資金
  2. 社員持株会
  3. 他企業からの出資受け入れ
  4. ベンチャーキャピタル
  5. 個人での借り入れ(消費者金融など)
  6. 家族からの借り入れ

です。

是非、参考にしてください。