事業資金借り入れ

事業資金を借入したいと思ったら、まず、必要なのが創業計画書です。

明確かつロジカルな創業計画書を作成できたら、借入の成功率が一気に高まります。

今回は、事業資金を借り入れる方法について考えていきます。

どの借入を受けるか決めよう!

まずは、どんな融資を受けるかを決める必要があります。

創業者向けの融資にも種類があります

自分が行っている事業に最も適している融資を見つけることが重要です。

融資による借入について専門家に相談してみよう!

そのためにも専門家の意見を聞いてみることが大切です。

税理士や会計士、あるいは銀行や信用金庫の窓口などで融資について相談するのがいいでしょう。

また、自治体や商工会が主催する創業者向けの相談会やセミナーなども役立つはずです。

このようなところでは、融資制度にも詳しい相談員の方がいらっしゃるので、融資だけでなく様々な相談に乗ってくれます。

何事も情報が大事ですので、このようなイベントをぜひ活用したいところです。

創業計画書を用意しよう!

このような相談を受けるときにぜひ用意しておきたいのが、創業計画書です。

どのような事業を展開したいのかを人に説明できるように、計画書を書いておくことが大変重要です。

創業計画書は最終的には融資の申し込みにも必要なものとなってきますので、相談の段階から作っておくと後できっと役に立つはずです。

借り入れを実際に申し込んでみよう!

さて、様々なアドバイスを得たのち、自分の事業に適した融資が見つかればいよいよ申し込みとなります。

借り入れの申し込みには、申し込み用紙の他に様々な書類を揃える必要があります。

日本政策金融公庫の場合

ここでは、創業者融資としてもっとも利用されることの多い、日本政策金融公庫を例とします。

日本政策金融公庫の場合、借り入れを行う際には以下のような書類が必要となります。

  • 創業計画書
  • 設備資金のお申込の場合は見積書
  • 履歴事項全部証明書または登記簿謄本(法人の場合)
  • 担保を考えている場合は、不動産の登記簿謄本または登記事項証明書
  • 借入申込書

ここで重要となるものが、創業計画書になるわけです。

融資を受けるためには、融資の必然性を創業計画書でロジカルに説明する必要があるでしょう。

まとめ

今回は、事業資金を借り入れる方法について考えていきました。

事業資金の借り入れの成功の可否を決めるのは、やはり、創業計画書です。

創業計画書の書き方がわからない方は、専門家に相談してみてください。