融資メリット

融資には、まとまったお金を手に入れることができるというメリットがあります。

しかし、利息の支払いなどに追われてしまうデメリットも存在します。

今回は、融資のメリット・デメリットを話していきます。

融資のメリット①倒産を防ぐ

融資の最も大きな融資のメリットは倒産を防ぐことができることです。

倒産は資金繰りが原因でおきます。

たとえば、業績が良くて、どんどん店舗を拡大していっても、資金繰りが悪ければ倒産してしまいます。

これが有名な「黒字倒産」です。

融資をすることで資金が潤沢になれば、仕入過多による倒産を防ぐことができます。

融資のメリット②設備投資をすることができる

2つ目の融資のメリットは資金を設備投資に回すことができることです。

企業において、成長、進化、発展することは非常に重要です。

最近では世界中と繋がることができ、選択肢の幅も格段に広がっています。

そういった中で成長しないことは、よっぽどのブランドがなければ死を意味するでしょう。

その成長の投資をするためには、設備投資は重要な方法です。

設備投資の資金は原則先払いです。

設備投資には莫大なお金がかかりますが、その資金調達として融資を活用することができます。

融資のデメリット:資金繰りを圧迫させてしまう

融資のデメリットは資金繰りを圧迫させてしまうことです。

月々の返済や利息の支払いなどで、せっかく儲けたお金を借入金返済などに費やさなくてはいけませんので、資金繰りを圧迫する恐れがあります。

利息も、月々が少ない場合でも、何年間も支払うと、とんでもない金額になることもあります。

また、借入の際には、経営者の個人の財産も担保に入る可能性があります。
万が一返済不能になった場合に、経営者個人が財産を失う恐れがあるのです。

まとめ

今回は、融資のメリットとデメリットについてご紹介しました。

メリットは、「倒産を防げる」と「設備投資をすることが出来る」
デメリットは、「資金繰りを圧迫させてしまう」
です。