合同会社株式会社

新会社法設立により、合同会社の設立が可能になりました。

ですので、会社設立する時には、合同会社か株式会社か選択しなくてはいけません。

今回は、合同会社と株式会社の違いについて考えていきます。

合同会社と株式会社の制度的な違い

合同会社と株式会社の制度的な違いは以下の通りです。

  • 大規模経営には株式会社、小規模経営には合同会社が向いている。
  • 株式会社の出資者は経営者でなくてもよいが、合同会社の出資者は経営者に限る。
  • 株式会社は定款の内容での経営が求められるのに対して、合同会社は、定款の定めにないことも自由にできる。

合同会社と株式会社の費用面の違い

費用面でも、株式会社と合同会社でまったく異なっております。

  • 設立費用は、株式会社は20万円以上かかり、合同会社は登録免許税の6万円のみ。
  • 株式会社は株式増資による資金調達も可能なのに対し、合同会社はできない。
  • 合同会社は出資者と役員兼任であるために利益配分などのトラブルが起きる可能性がある。

株式会社の方が知名度は高い

知名度に着目すると、株式会社の方が圧倒的に高いです。

ですので、株式会社だったら取れたはずの契約が、合同会社という理由で断られてしまったという例もございます。

最終目標を決めた上でどちらにするか選択するべき

将来的に上場などを目指し、事業拡大していく意欲のある方は、後々のことを考えて株式会社を選択するべきです。

逆に、節税対策のため、形だけの法人格がほしい方は、自由度の高い合同会社を選択するべきです。

まとめ

今回は、合同会社と株式会社の違いについて説明していきました。

合同会社は自由度が高く、小規模経営には向いているという特徴があります。

一方、株式会社は将来、増資などを行って事業拡大していきたい場合に向いています。

将来のビジョンを思い描いた上で、どちらにするか選択することをオススメします。